FC2ブログ

優良出会い系サイト体験記

優良出会い系体験記!無料で最短SEX!素人娘~人妻まで

男の恋活無料メール講座

モテないブサメン限定

イケメンに勝つために!男の恋活

《無料メール講座》


可愛い女性にこそ効く非常識な口説き方&LINE術

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

成り行きで人妻に中出し

2018年01月10日(水)

出会い系サイトなら、こんな女性と出会えます。

土下座でお願い!中出しをOKしてくれた人妻たち

土下座でお願い!中出しをOKしてくれた人妻たち


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

女性は本能的に不安を感じさせる男を追い求め好きになるから不誠実な男に魅力を感じてしまう

2016年12月28日(水)




女性にとっては、誠実な男より


不誠実な男のほうに魅力を感じてしまい


誠実な男であろうとすればするほどモテなくなります。




なぜなら、

女性は本能的に不安を感じさせる男を追い求め好きになるからです。


私のような女を好きになる程度のレベルの男より

私のことなど相手にしないようなレベルの男


「私とは、もしかしたら遊びなのかも」

「他にも数名の女がいるかもしれない」


それほど魅力的でレベルの高い強いオス(の精子)を潜在意識では求めています。


だから

モテる男ほどさらにモテて、モテない男はさらにモテなくなります。






原始時代から、女性の役目は妊娠、出産、子育てです。


しかし、男性に養ってもらわなければ、成立しません。


だから女性は振られることに、とても恐怖を感じています。


恐怖心を刺激され、女性にある程度不安を与えられる男に、女性はより強く魅力を感じてしまうのです。



潜在意識が強い不安を感じれば感じるほど、女性は男をより好きになり、その男にのめり込んでいきます。




人間は、どんなにほしくてほしくてたまらないものでも


自分の手に入れば、それで満足し、すごくほしかったものにもかかわらず、徐々に興味をなくしていきます。



これと同じ原理で、女性は完全に手に入った男に価値を見出せなくなります。


だから、誠実さを見せることは、してはならないことで


不誠実であったほうが、女の気持ちをずうっと自分に向けさせることを可能にします。


「俺は一生おまえしか愛することはない、何があっても離れないよ」


なんて言ったり、態度で示したりすると


「他の女性にとられて、振られてしまったらどうしよう?」


という恐怖を刺激することができず、安定した精神状態となり


恋愛特有の最初のドキドキ感が全くなくなり、物足りなささえく感じてしまうのです。


だから、女性と仲良くなってセックスするまでは、もちろんのこと

付き合い始めて恋人同士になってからも



決して一途で誠実な男であることを、アピールする必要はありません。

アピールすれば、かえって逆効果になってしまいます。


いや、たとえ女性と結婚してからも一緒ですね。


「この人は完全に私のものだし、彼の全てを知ってしまった」


と女性に思わせてしまったら


女性が自分に興味をなくして平気で浮気する可能性は高くなりますから。




レベルの高い魅力的なモテる女であればあるほど


このへんを上手くコントロールしないと


付き合っていても、他の男に奪われたり

結婚していても、浮気されたり


そんなことにもなりかねません。



男というのは、本能でとにかくいい女とはヤリたいと、そればかり考えているのですから

タチが悪いし、危なくて仕方ありません。




一般的な男性は

「誠実であることは良いことで、好きで大切な彼女がいるのに他の女性と遊ぶなんておかしい」


と思うかもしれませんが

しかし、それでは逆にうまくいかなくなってしまうのです。

魅力的でないモテない男の発想はこんな感じかもしれません。






何度もマジ逝きです



メルパラでの体験!32歳の人妻Hとラインでの会話~会う約束をしその当日までの実例詳細

2016年10月08日(土)

004 (39)


彼女のプロフィールに写真はありませんでしたが

普通の素人女性の場合、ないことも多いし

たとえあったとしても、ワケのわからない写真のことも多いのです。


逆に、かわいい写真である場合のほうが

業者やキャッシュバッカーの可能性があります。



Hさんのプロフィールには

興味あること
メル友/大人の関係/不倫・浮気/


とありました。






朝、その後は連絡もなく、私は仕事に行きましたが

帰宅してくつろいでいた20時くらいに、彼女からラインで連絡がありました。





「お仕事お疲れ様でした」



私「ご連絡ありがとうございます。うれしく思います」



人妻H「いつも何時頃に帰宅されるのですか?」



私「7時前後です。LINEしていて、旦那様、大丈夫ですか」




人妻ヒトミさんのプロフィール


興味あること

メル友/大人の関係/不倫・浮気/



からしますと、不倫願望があるようなので、わざとこのような質問をしてみました。




おそらく、信頼されて、会う約束ができれば

即日SEXできる可能性は、かなり高い(100%に近い)と推測されます。






人妻H「ウチは全然大丈夫ですよ。主人、年だからすぐ寝ちゃうし」



その後の会話で、旦那さんとは20歳も年の差があり



仕事も忙しく、特に子供が生まれてからはほとんどかまってもらえない

ということがわかりました。




それから3日間は連続し朝晩共に、彼女のほうからLINEが来て


私のことも詳しく自己紹介しました。





彼女も元彼とセフレ関係だった話

でも彼が結婚してから会ってくれなくなった話

今までの経験人数の話など


だいぶ打ち解けて話せるようになってきました。






私「オナニー毎日してるんでしょう?」


人妻H「知りません、もういいです」



こんな会話も自然にできるようになってきました。





私「ぼつぼつ会ってみようか」


人妻H「いいですよ」





ということで、私の休みの日に会う約束をしました。



ここで初めて写メを交換しましたが・・・ 微妙な感じです。


年齢も実際は36歳ということでした。まあ、このへんはよくある話です。



ただ、ここまで盛り上がって会わないわけにはいきませんので、成り行きにまかせようと思いました。



写メとは全く別人ではないか?というハズレのパターンは多いのですが

まれに写メよりかわいくてラッキーなこともあります。






そして、なんとなく気乗りのしないまま、当日を迎えました。





本日はここまで、続きは後日書きます。






メルパラ攻略法はこちらから




ご登録は公式サイトから↓






メルパラで32歳の人妻ヒトミさんとファーストメール~ラインID交換まで

2016年10月07日(金)

004 (5)


昨日の続きになります。


今回は、メルパラで二人の女性とLINE IDを交換できましたが


いずれも足あとがついていたので、足あとから女性のプロフィールを見に行きました。




私は普段、足あとは付けないように設定しているのですが



クリック一つで設定は変えられますので、今回は付ける設定にしておきました。



このへんはケースバイケースでよいのではないかと思います。




そうしたところ



人妻のHさんは、彼女のほうからお気に入りにしてくれたため、私もお気に入り返しをしました。



お互いにログイン中であったためか



その後すぐ、彼女のほうから




「こんにちは、朝、早いんですね」



と、メールがあり、やりとりが始まりました。





朝の6時前だったのですが、私はたまたまログインしていてラッキーだったと思います。



早い時間帯はライバルもいないので、アクセスメンバーの少ない時間を

あえて狙ってログインするのもよいかもしれません。





私は「おはようございます。メールありがとうございます。

早起きなんですね」



人妻H「5時には起きます。

ウチは主人が早いので、朝食の準備したりで・・・」



私「Hさん、今日は仕事ですか?それとも家事かな?」



人妻H「今日は仕事お休みです。

ラインやってますか?」





私「はい、・・・・・・・がIDです。

ぼつぼつ仕事に行く準備しなければならないので、ログアウトします」





時間もなかったし、相手女性からラインと言い出したので

おそらく交換可能ではないかと思い、教えました。




彼女のプロフィールに写真はありませんでしたが

普通の素人女性の場合、ないことも多いし

たとえあったとしても、ワケのわからない写真のことも多いのです。




逆に、かわいい写真である場合のほうが

業者やキャッシュバッカーの可能性があります。





Hさんのプロフィールには

興味あること

メル友/大人の関係/不倫・浮気/


とありました。





朝、その後は連絡もなく、私は仕事に行きましたが



帰宅してくつろいでいた20時くらいに、彼女からラインで連絡がありました。


「お仕事お疲れ様でした」






きょうはここまで、続きは後日書きます。




メルパラ攻略法はこちらから




ご登録は公式サイトから↓





Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Twitter